【退職代行サービス比較】退職代行ガーディアン・退職代行の窓口

退職代行ガーディアン退職代行の窓口比較

「退職代行ガーディアンと退職代行の窓口、どっちを選べばいいの……?」

たしかに、どっちを選んでいいのかわからないですよね。

記事の執筆者
ロゴ透過

退職代行リサーチの神乃家

これまでに約8,000時間かけてさまざまな退職代行業者のリサーチをしてきた専門家。正しい知識を持って退職代行を利用してもらうために、忖度しない記事づくりを心がけています。退職代行に関連する記事を厳選して公開中。(・134記事)
当サイトを運営するにあたり、記事作成においての決まりごとをサイトポリシーに記載しています。

ふたつの退職代行業者を比較してみてわかったことは、職場との交渉を有利に進め、確実な退職代行をしてほしいなら「退職代行ガーディアン」、分割払いで退職代行を利用したいのなら「退職代行の窓口」がおすすめです。

この記事は比較した内容を解説し、どちらを選べば後悔のない退職代行ができるのかというヒントが詰まっています。

ぜひこの記事を参考にして、アナタに合った退職代行業者を見つけてくださいね。

目次

【退職代行サービス比較】退職代行ガーディアン・退職代行の窓口

《表の見方》

返信の早さについて

独自で退職代行業者にLINEで問い合わせを行った際にどのくらいの早さで返信が返ってくるかを調査した結果です。(※12:00・2:00に送り、返信が来た時間の合計)

60分
以内
61~300分
以内
301分
以上

転職サポートについて

無断で個人情報の横流しが懸念されるため、以下のような基準で示しています。

サポートあり

転職
エージェント
明記
サポートあり

転職
エージェント
記載なし

※許可なく
個人情報が
横流しされる可能性あり
サポートなし
退職代行ガーディアン
退職代行の窓口
運営
法適合労働組合非法適合労働組合
料金
¥24,800一括 ¥29800
分割 ¥4960×6 計¥29760
支払方法
銀行振込、クレジットカード銀行振込、クレジットカード
モバイル決済
後払い対応
相談方法
LINE、電話LINE
LINE相談件数
返信の早さ
転職支援
特徴
退職代行業務に特化した業者
交渉スキルがとても高く安心できる
分割払いの方がお得
1年間のアフターサポート
公式サイト
・料金は税込価格・返信の早さは独自調査
※LINE相談件数はの相談件数

退職代行ガーディアン
公式サイト

退職代行の窓口
公式サイト

退職代行ガーディアンの特徴

退職代行ガーディアンの健全性について

労働組合東京労働経済組合(東京労働委員会、法適合労働組合)
法人番号:8011305000569
執行委員長長谷川義人
設立日1999年9月27日
組合所在地〒160-0004 東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8 B棟1階3号室
組合サイトhttps://trk.or.jp/

退職代行ガーディアンの詳細

料金¥24,800
相談方法LINE・電話
LINE
相談件数
件(
支払方法銀行振込、クレジットカード
後払い不可
キャンセル
返金について
入金後のキャンセルは返金不可。
退職成功率100%
転職支援あり(詳細な記載なし)
特徴退職代行が終了しても相談無料
退職代行のみに注力している退職代行業者
交渉力が高く確実に退職代行を実行してほしい人向け

2022・2023みんなのキャリアAWARD退職代行サービス満足度部門最優秀賞
公式サイト
・料金は税込価格

退職代行ガーディアンについて

退職代行業者の多くは、転職支援などの+αのサービスを提供していますが、退職代行ガーディアンはそのようなことを前面に出さず、退職代行に力を入れている代行業者です。

そのため職場との交渉力が高く、職場とのトラブルを極力減らして退職手続きを依頼したい人におすすめ。

Googleの口コミは【4.9(74件)】(2024年7月1日現在)と高評価となっており、退職代行のサービス満足度で2年連続最優秀賞と実力も折り紙つきです。

退職代行ガーディアンが実際に退職代行を行っている様子がyoutubeにアップされているので、どのような代行業務を行っているのかを知りたい方は下記の動画をご覧ください。

退職代行ガーディアンをおすすめする人

  • 有給休暇を取得して辞めたい人
  • 退職代行に慣れた業者に依頼したい人
  • 安心できる退職代行サービスを探している人
  • 職場とのトラブルを極力減らして退職したい人

\確実な退職をしたいならおすすめ/

退職代行ガーディアンについての記事を作成しているので、もしよければご覧になってください。

退職代行の窓口の特徴

退職代行の窓口の健全性について

正式名称退職代行の窓口
運営会社名LeAp合同会社(法人番号:7010403029843)
代表者吉田涼太
設立日法人番号指定日:2023年4月6日
企業所在地東京都港区浜松町2-2-15ダイヤビル2F(バーチャルオフィス)
顧問弁護士不明
企業サイトhttps://www.leap.ne.jp/
提携労働組合日本経済労働組合(非法適合労働組合)
代表者不明
資格取得日不明
組合所在地不明
組合サイト不明

退職代行の窓口の詳細

料金一括 ¥29800
分割 ¥4960×6 計¥29760(※クレジットカード払いのみ)
相談方法LINE
LINE
相談件数
件(
支払方法銀行振込、クレジットカード、モバイル決済
後払い不可
キャンセル
返金について
不可
退職成功率不明
転職支援あり(詳しい記載なし)
特徴分割払い可能
相談回数無制限
書類受け取りサポート
アフターサポート1年間
失業給付金受け取り安心サポート
LINEアカウント追加で1000円割引クーポン
公式サイト
・料金は税込価格

退職代行の窓口について

2023年に法人登記したばかりの新しい退職代行業者です。

退職代行業界に今までなかった分割払いをメインにしている代行業者で、毎月の負担を減らしながら退職代行を利用したい方をターゲットにしていることがわかりますね。

しかし、労働組合である日本経済労働組合についての情報については全くなく、かなり不透明な運営状況なことが気になります。

労働組合としてどのような活動をしているのか、実績はどうなのかが表に出てくれば、サービス面などを含めてなかなか魅力のある代行業者だと思うので、今後に期待です。

退職代行の窓口をおすすめする人

  • 分割払いで月々の負担を減らしたい人

\分割払いができる退職代行/

公式サイト⇒

【運営】退職代行ガーディアンは法適合労働組合なのでより深い各種交渉が可能

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
運営
法適合労働組合非法適合労働組合

労働組合ができること

  • 未払い賃金の交渉
  • 退職日の調整の交渉
  • 有給休暇取得についての交渉

労働組合・ユニオンが行う退職代行は、労働三権を用いて労働者の権利を主張し交渉を行います。

自分では交渉しにくいことを代わりにしてくれるので、「有給を全消化してから辞めたい」・「残業代を支払ってもらいたい」などの職場とのトラブルを抱えている方にはおすすめです。

しかし、労働組合には「法適合労働組合」と「それ以外(当サイトでは非法適合労働組合と記載)」が存在し、非法適合労働組合による退職代行の場合、職場側に拒否をされてしまうと引き下がるしかなくなり、交渉が失敗に終わります。(※法適合労働組合の場合は、労働委員会に不当労働行為制度に基づく救済手続を行えるので、より細かい交渉が可能です)

もし交渉内容が難しそうな場合は、法適合労働組合の代行業者にはじめから依頼をしたほうが間違いありません。

メリットデメリット
後払いができる業者が多い

有給休暇取得などの交渉が可能

転職サポートなどのサポートが豊富

迅速な対応をしてくれる業者が多い
交渉慣れしている業者はスキルがかなり高い
交渉を行う人によってバラつきが出る

打ち合わせの際に断られる可能性がある

詐欺まがいな業者が最も多く存在するジャンル

労働組合の退職代行が向いている場合

  • 退職の際のトラブルが起こりそうな場合
  • 交渉力の高い退職代行業者を依頼したい場合
  • 有給休暇や未払い賃金の交渉をしてもらいたい場合

非法適合労働組合についての詳しい説明は「ここがへんだよ退職代行の記事内」に記載しているのでそちらを参照してください。

【料金】退職代行ガーディアンの方が約5,000円安い

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
料金
¥24,800一括 ¥29800
分割 ¥4960×6 計¥29760

退職代行ガーディアンは2024年4月に価格を改定し、24,800円になりました。

以前は29,800円だったので敷居が高いイメージがありましたが、価格を改定してからさらに人気になりました。

退職代行の窓口は分割払い(クレジットカードのみ)を推奨しており、分割払いでの支払いを選択すると月々4,960円で退職代行を利用できます。

【支払方法】退職代行の窓口はモバイル決済に対応している

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
支払方法
銀行振込、クレジットカード銀行振込、クレジットカード
モバイル決済

退職代行の窓口はモバイル決済(Apple Pay・Google Pay)に対応していますが、モバイル決済の登録にはクレジットカードやプリペイドカードが必要です。

【後払い】どちらも後払いには対応していない

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
後払い対応

退職代行ガーディアン・退職代行の窓口のどちらも後払いには対応していません。

しかし、考え方によっては先払い決済の方がいい場合があります。

その理由は、退職代行を使った後に新しい仕事をすれば問題ないですが、退職代行を利用する状態のときはココロもカラダもつらい状態の方が多いからです。

きっとすぐに働けるような精神状態ではないので、しばらく休みたいと思いますよね。

「休む=収入が無くなるor減る」ので、日々の金銭管理に悩まされる方もいらっしゃいます。

【相談方法】退職代行ガーディアンは連絡手段が複数ある

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
相談方法
LINE、電話LINE

相談方法が数種類ある退職代行業者の方が安心です。(連絡が取れなくなったなどのトラブルが起きた場合のため)

ですが、相談から全ての代行業務終了まではLINEのみのやりとりをおすすめしています。

その理由は、文字にして残しておくことにより、「伝達忘れ」や「言った、言わない」といったトラブルを防ぐためです。

業者によっては途中から電話でのカウンセリングに切り替えようとするところもありますが、なるべく拒否をして、全てのやりとりを文字として残せるLINEにしましょう。

【LINE相談件数】退職代行ガーディアンのLINE相談件数は圧倒的に多い

のLINE友だち登録数】

友だち

友だち

で退職代行ガーディアンは件・退職代行の窓口は件のLINE相談があります。

「相談件数が多い=退職代行実績も多い」ということにつながるので、退職代行ガーディアンの方が経験値は高いです。

退職代行ガーディアンは、高い交渉力がある退職代行業者と言われており、法適合労働組合の強みを前面に出した退職代行を行います。

退職代行を利用する方は誰も失敗なんてしてもらいたくありません。

そのように考えている方が多いので、退職代行ガーディアンに依頼が集まるわけですね。

【返信の早さ】どちらも深夜帯の返信は少し遅い

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
返信の早さ

夜中に退職を決めて、相談のLINEを送ってもどちらの退職代行業者もすぐに返信が来る可能性が低いです。

24時間対応している退職代行業者のほとんどが、深夜の返信は遅い傾向があります。

「翌朝に代行業務を行ってほしくて深夜にLINEを送り、返信が来るのを待っていたら寝てしまい朝になってしまった……」

そうなってしまうと即日に退職代行をしてもらえなかったり、打ち合わせが満足にできず、希望通りの退職条件で辞めることができなくなったりします。

依頼をするする際には、時間の余裕を持って密な打ち合わせをした方が希望に沿った退職が実現できることを頭に入れておいてくださいね。

【転職支援】どちらの退職代行業者も転職サポートを実施しているが詳細が不明

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
転職支援

退職代行を使っても、使わなくても、会社を辞めた後は、保険の切り替えなどの退職に関する手続きなどで毎日が忙しくなります。

やらなければいけないことが意外と多く、転職活動まで手が回らない方もいるほどです。

利用を予定している退職代行業者が、転職サポートを行っているのであれば積極的に活用したいサービスですね。

転職エージェントにも「得意な世代」・「得意な業種、職種」があるので、事前にどんな仕事を紹介してくれるのかを調べられればいいのですが、どちらのサイト上にも提携している転職エージェント名は書いていません。

転職エージェントを利用したくて契約したのに、働きたいと思う業種・職種を扱っていなかった……

とならないように、打ち合わせの段階で、どんな転職エージェントと提携しているのか事前に確認しておきましょう。

退職代行の確実性を求めるならガーディアン・分割払いでの利用を考えているなら退職代行の窓口

退職代行ガーディアン退職代行の窓口
特徴
退職代行業務に特化した業者
交渉スキルがとても高く安心できる
分割払いの方がお得
1年間のアフターサポート

退職代行ガーディアンは「退職代行業務」に特化した業者です。

確実な退職代行業務を行ってほしいのであれば、退職代行ガーディアンに依頼しましょう。

アナタの望む退職の結果をスムーズに作ってくれる可能性が一番高い代行業者です。

退職代行の窓口は「分割払いが利用できる」業者になります。

月々の負担を少しでも減らしたい方にはおすすめの退職代行業者です。


退職代行ガーディアン
公式サイト

退職代行の窓口
公式サイト

退職代行ガーディアンと退職代行の窓口に関するQ&A

退職代行ガーディアンと退職代行の窓口に関係するQ&Aを以下に紹介します。

退職代行で即日辞められますか?

即日辞めることは可能ですが、民法では以下のように定められています。

民法627条:

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用:https://elaws.e-gov.go.jp/

民法上では退職の意思を告げてから2週間で退職が完了するという決まりです。(無期雇用の場合)

退職の意思を告げてから2週間の間が、「有給休暇扱い」or「欠勤扱い」になるのかは退職代行業者の交渉力次第にかかっています。

退職代行を労働組合・弁護士法人に依頼をした方がいいと言われている理由は、その2週間の間に有給休暇か欠勤かでもらえる給与の額が変わってくるからです。

ですから、交渉力の高い退職代行業者に依頼をしないと、退職結果に満足できない場合があります。

退職代行サービスがダメな理由は何ですか?

退職代行を使うと第三者(代行業者)が退職に関する手続きを行うため、円満に退職できない可能性があります。

退職代行を使うことは悪いことではありません。

しかし、どんな状況でも使っていいのかと言われたらそれはそれでダメです。

退職代行を使った方がいい状況の例

  • 心身が疲弊している状態
  • 労働環境に不満がある場合
  • ハラスメントを受けている
  • 自分の力では解決できない問題がある

退職代行は最終手段という位置づけで考えるようにしてください。

想像以上に簡単に退職が実現するので、「次の就職先でも何かあったら退職代行を使えばいいや」という気持ちになってしまい、仕事が継続できない人になる可能性があります。

退職代行ガーディアンは即日対応してくれるの?

即日対応してくれる場合がほとんどです。

しかし、同じ日時に依頼が重なった場合は多少前後する可能性があります。

退職代行の最大手はどこですか?

「退職代行」と検索をしてみると、検索上での最大手は退職代行モームリになります。

しかし、相談件数、実績などを踏まえると退職代行ガーディアンの方が最大手です。

退職代行を拒否できますか?

退職代行の場合、依頼者と退職代行業者が契約を結ぶ際に委任状を作成します。

その委任状があれば代理権を証明できるので、会社側は拒否することはできません。

逆を言えば、委任状を作成せずに退職代行が行われた場合は拒否できる場合があるということです。

退職代行業者の中には委任状を作成しないで代行業務を行っているところもあるので、退職代行を利用する際には、必ず委任状を作成してもらいましょう。

【退職代行サービス比較】退職代行ガーディアン・退職代行の窓口のまとめ

記事のまとめ

~退職代行ガーディアンをおすすめする方~

  • 確実に仕事を辞めたい方
  • 有給休暇などの労働者の権利を主張して欲しい方

~退職代行の窓口をおすすめする方~

  • 分割払いで退職代行を利用したい方
  • 長期間のアフターサポートを希望する方

退職代行ガーディアンと退職代行の窓口を比較したところ、職場との交渉を有利に進め、確実な退職代行をしてほしいなら「退職代行ガーディアン」、分割払いで退職代行を利用したいのなら「退職代行の窓口」がおすすめということがわかりました。

アナタがどのような退職代行の形を望むかで、選ぶ業者が変わってきます。

決して安易な気持ちで選ばないようにしてください。

また、退職代行を利用することは悪いことではありません。

本来ならば自分の口で退職を伝えるべきですが、「辞めたい」と言える環境ではない職場にも問題があります。

退職代行がきっかけで職場の環境改善に繋がることもあるので、もし使おうと考えているのであれば気にせず使ってください。

なによりも、「辞めたい」と思っていることが無くなりスッキリするので気持ちとしても落ち着けるはずですよ。

退職代行ガーディアン
公式サイト

退職代行の窓口
公式サイト

【関連記事】

退職代行業者のデータベースや退職代行についての知識を深められるリンク集もあるので、もしよかったら参考にしてくださいね。

退職代行ガーディアン退職代行の窓口比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

退職代行リサーチの神乃家では、退職代行を利用する方が後悔しないように、代行業者の選び方や正しい知識などを発信しています。他サイトで見られるような業者を持ち上げるような書き方はしておらず、利用する方の立場に立って記事を作成することを当サイトのポリシーにしているので、退職代行業者さまにとっては少々厳しめの記述もあることをご了承ください。

目次