ネクストユニオンの退職代行を利用予定の方へ|わたしNEXT、男の退職代行の口コミ、評判

退職代行ネクストユニオンわたしネクスト男の退職代行

「わたしNEXT」や「男の退職代行」を利用したときに代行を実施してくれる「退職代行toNEXTユニオン」ってどんな労働組合なんだろう……?

退職代行toNEXTユニオンについて調べてみると、「退職代行業務をしっかり行ってくれる」「問い合わせの返信がとても早い」という労働組合であることがわかりました。

記事の執筆者
ロゴ透過

退職代行リサーチの神乃家

これまでに約8,000時間かけてさまざまな退職代行業者のリサーチをしてきた専門家。正しい知識を持って退職代行を利用してもらうために、忖度しない記事づくりを心がけています。退職代行に関連する記事を厳選して公開中。(・134記事)
当サイトを運営するにあたり、記事作成においての決まりごとをサイトポリシーに記載しています。

一方で、退職代行toNEXTユニオンや関連する団体の透明性がグレーだったり、契約に関するトラブルが多いことも事実です。

どんなサービスでもメリット・デメリットは必ずあり、「わたしNEXT」・「男の退職代行」を利用する予定であるなら、知っておいて損はない情報をこの記事にまとめています。

退職代行を使ったことを後悔しないためにも全て読んでから決めてください。

わたしNEXT・男の退職代行
総合評価
( 3 )
メリット
  • 返信が早い
  • 正社員とバイトで料金が違う
  • 支払い方法が多数ある
  • 転職を考えている場合、具体的なイメージができる
  • 退職代行の実績数が多く、職場とトラブルになりにくい
デメリット
  • ナイトワークの方は対応不可
  • 支払いに関するトラブルに発展しやすい
評価基準について

評価基準(各項目を数値化し、総合ポイントで評価しています)

運営(退職代行を行える範囲)
民間企業(1pt)・非法適合労働組合(2pt)・法適合労働組合(7pt)・弁護士事務所(10pt)
※運営については代行実施時にトラブルになる可能性を 1(高い)~ 10(低い)で数値化
利用料金(利用のしやすさ)
3万円以上(0pt)・2万円以上~3万円未満(1pt)・2万円未満(2pt)
後払い対応(支払い方法の多様さ)
なし(0pt)・あり(1pt)
連絡手段(連絡がつかないなどのトラブル抑止)
1種類(0pt)・2種類(1pt)・3種類以上(2pt)
LINE対応(連絡の手軽さ)
なし(0pt)・あり(1pt)
返信の早さ(対応の早さ)
5時間以上(0pt)・1時間以上5時間未満(1pt)・1時間以内(2pt)
※返信の早さは12:00・2:00に送り、返信が来た時間の合計で計算
転職支援(退職後の支援)
なし(0pt)・あり〔提携先記載なし〕(1pt)・あり〔提携先記載あり〕(2pt)
Google口コミ(客観的な評価)
なし(0pt)・あり ~3.0(-5pt)・2.0~3.0(-2pt)・3.0~3.7(1pt)・3.8~4.4(2pt)・4.5~(3pt)
※Google口コミは2024年5月12日現在の評価を参照

★★
★★★
★★★★
★★★★★
7pt以下
8~10pt
11~13pt
14~16pt
17pt以上

女性に特化した
退職代行


わたしNEXT
公式サイト

男性に特化した
退職代行


男の退職代行
公式サイト

目次

ネクストユニオン退職代行について

「わたしNEXT」・「男の退職代行」の退職代行を実行している労働組合「退職代行toNEXTユニオン」の詳細です。

【退職代行toNEXTユニオンの詳細】

労働組合名退職代行toNEXTユニオン(法人番号:不明)
執行委員長不明(鈴木良典※1)
所在地不明(東京都港区南青山2-2-15 (バーチャルオフィス)※1)
電話番号不明(03-6458-8875※1、080-3733-8875※2、080-3551-8885※3)
設立日不明
公式サイト不明

※1:https://www.dreamnews.jp/company/0000006409/
※2:https://www.telnavi.jp/phone/08037338875
※3:https://www.telnavi.jp/phone/08035518885

退職代行toNEXTユニオンは、組合名以外の詳細が公表されておらず、運営の透明性についてはかなりグレーです。(※印に書かれていることは、正式に公表されている情報ではなく、プレスリリースや電話番号検索で書かれていたもの)

退職代行において、運営の透明性はとても重要であり、場合によっては依頼者の退職結果に直接関わってくることもあります。

運営の透明性が重要な理由

非弁行為や法律違反になる可能性があり、発覚すると依頼者の退職が失敗するおそれがある。

例)

  • 弁護士資格を持っていない者が、弁護士であると嘘をついて訴訟対応をする
  • 労働組合を設立していないのに、団体交渉権を使って退職代行を行う

退職代行がメディアで取り上げられる機会が多くなり、退職代行サービスを利用する方も増えています。

同時に、退職代行の仕組みについて学ぶ企業も増えているので、退職代行に対応する対策がとられていることも事実です。

透明性がない退職代行業者の場合、依頼者にとってはリスクしかないということを頭に入れておいてください。

ネクストユニオンによる退職代行のデメリット

ネクストユニオンによる退職代行のデメリット

  • ナイトワークの方は対応不可…
  • 支払いに関するトラブルに発展しやすい…

「わたしNEXT」・「男の退職代行」は、連日、多くの退職代行業務を扱っている人気の退職代行業者ですが、デメリットになる点も存在します。

口コミや評判、独自に調べた結果を基に解説をするので、参考にしてください。

ナイトワークの方は対応不可…というデメリット

「わたしNEXT」・「男の退職代行」では、ナイトワークの方からの依頼は対応不可となっています。

ナイトワークの方の対応が難しい理由

  • 業務委託?アルバイト?正社員?……など雇用形態があやふや
  • 退職の際にトラブルになることがあり、法律で解決しないといけない場合がある

ナイトワークを辞める際に法外な違約金や罰金を請求され、辞めたくても辞められない場合があります。

このような場合、弁護士以外は対応できません。

ナイトワークを辞める際に、退職代行で辞めようと考えている方は、はじめから弁護士が行う退職代行業者に依頼をした方が、金銭的・精神的にも負担が少なく済みます。

ナイトワークを退職代行を使って辞めたい方に、おすすめの弁護士による退職代行業者

支払いに関するトラブルに発展しやすい…というデメリット

「わたしNEXT」・「男の退職代行」は気付かないうちに契約扱いになっていることがあるので気を付けてください。

以下はわたしNEXTの利用規約を引用しています。

予約及び申込の取消を行った場合、以下のキャンセル料金が発生いたします。キャンセル料金は退職代行サービス実施希望日から起算した日数によって変動いたします(複数の希望日がある場合や希望日を変更した場合については現在の時点に最も近い日付けが適用されます。また実施希望日を上旬や下旬、頃などの曖昧な表現や未定としていた場合及び予約の場合は以下の⑤が適用されます)。キャンセル料金は税込み金額をもとに算出し、以下のキャンセル料金を差し引いた差額を返金いたします(なおキャンセル料金は退職代行サービス実施の有無にかかわらず発生し、予約のキャンセルの場合はキャンセルの申し出があった当日中にキャンセル料金のお支払いをお願い致します)
①実施希望日61日前まで:決済手数料10%および振込み手数料
②実施希望日60日前から46日前まで:30% + 決済手数料10%および振込み手数料
③実施希望日45日前から31日前まで:50% + 決済手数料10%および振込み手数料
④実施希望日30日前から15日前まで:70% + 決済手数料10%および振込み手数料
⑤実施希望日の14日前から当日まで:100%

引用:

要約すると「退職代行の希望日を曖昧な表現でも伝えた時点で費用が発生する」ということです。

<画像タップで拡大できます>

「わたしNEXT」・「男の退職代行」にLINEで問い合わせると上記のようなメッセージが来るのですが、「⑤代行実施希望日」を記入して送信した時点で費用が発生してしまいます。

そのまま退職代行を依頼するのであれば問題ありませんが、「ただの相談や質問」で問い合わせた際にも費用が発生する場合があるので、問い合わせをする際には注意をしましょう。

ネクストユニオンによる退職代行のデメリットの総評

「わたしNEXT」・「男の退職代行」の利用をするなら必ず知っておきたいデメリット

  • ナイトワークを辞める際には利用できない
  • 代行実施希望日を伝えた時点で費用が発生する

「わたしNEXT」・「男の退職代行」を利用する予定の方は以上のことを理解したうえで依頼をしてください。

ついつい、「ここに依頼する!」と決めてしまうと、利用規約を読まずに契約してしまいがちです。

利用規約をしっかり読めば防げることなので、退職代行を利用する際は必ずチェックするようにしましょう。

ネクストユニオンによる退職代行のメリット

ネクストユニオンによる退職代行のメリット

  • 返信が早い!
  • 正社員とアルバイトで料金が違う!
  • 支払い方法が多数ある!
  • 転職を考えている場合、具体的なイメージができる!
  • 退職代行の実績数が多く、職場とトラブルになりにくい!

続いて、「わたしNEXT」・「男の退職代行」のメリットを、口コミや評判、独自に調べた結果を基に解説をしていきます。

返信が早い!…というメリット

「わたしNEXT」・「男の退職代行」のサイトには「対応スピードNo.1」の記述がありますが、本当に早いのか調査しました。

【LINEの返信が来るまでの時間】

わたしNEXT男の退職代行
【昼】12:00【夜】2:00【昼】12:00【夜】2:00
2分2分4分3分
※独自調査

「わたしNEXT」・「男の退職代行」のどちらも返信がとても早く、退職代行業者の中でもトップクラスの返信の早さ(わたしNEXT:1位、男の退職代行:4位)でした。

「深夜に連絡をして、翌朝に退職代行を行ってもらいたいとき」や「連絡をしてすぐに退職代行を行ってもらいたいとき」に対応スピードの早さが重要になってきます。

また、連絡をして返信を待ち続けることも少ないので、気持ちの面でもストレスにならないことも大きなメリットです。

正社員とアルバイトで料金が違う!…というメリット

わたしNEXT男の退職代行
正・契約・派遣社員、業務委託、公務員、社会保険加入のアルバイト、内定辞退
¥29,800¥26,800
社会保険未加入のアルバイト
¥19,800

アルバイトやパートの方が退職代行を利用しやすいように、アルバイトの方に向けた価格設定を設けています。

退職代行業者の中でも、アルバイトの方に向けた価格設定を設けているのは、で4社しかありません。

「パート先でハラスメントを受けている」・「バイト代が正しく支払われていない」などが原因で退職代行を使う予定の方は、費用を抑えられるメリットがあります。

アルバイト・パートの方向けに、退職代行業者の比較ができる記事も書いています。

支払い方法が多数ある!…というメリット

わたしNEXT・男の退職代行の支払い方法
銀行振込、クレジットカード、デビットカード
プリペイドカード、ペイパル、コンビニ決済
楽天ペイ、PayPay、キャリア決済、Paidy翌月後払い

約7割の退職代行業者が先払い決済しか対応していません。

「わたしNEXT」・「男の退職代行」ではさまざまな決済方法に対応しているので、先払いにするか・後払いにするかの選択が可能です。

決済方法が多数あるメリット

  • 給料日前でお金がない……
  • 支払いにポイントを使いたい……
  • クレジットカードを持っていない……
  • 退職代行が実行されてから支払いをしたい……
    など

こんな方たちの支払いに関する悩みを解消することができます。

転職を考えている場合、具体的なイメージができる!…というメリット

以前は退職代行のみを行っている退職代行業者ばかりでしたが、近年は転職サポートなどの退職代行業務+αのサービスに力を入れている退職代行業者が増えました。

しかし、多くの退職代行業者は提携している転職エージェントをサイト上に公表していないため、どのような業種・職種に強い転職エージェントと提携しているのかわかりません。

わたしNEXT・男の退職代行が提携している転職エージェント

  • 株式会社UZUZ……未経験向けの求人多数・第二新卒・既卒・フリーターの方の転職活動に特化
  • 株式会社みらい人事……高卒・引きこもりの方に特化した転職支援
  • 株式会社レゾナンス……会計業務・人事業務に特化
  • JHR転職エージェント……高収入・好待遇の求人多数、将来性のある優良企業のみを紹介

「わたしNEXT」・「男の退職代行」のサイトには提携している転職エージェントが明記されているため、どのような業種・職種に強い転職エージェントなのかを調べることが可能です。

提携転職エージェントが事前に分かれば、「働きたい業種・職種が見つからなかった」・「住んでいる地域が転職サポートの対象外だった」などのトラブルが防げます。

次に働きたい業種・職種のイメージもできるため、モチベーションを下げることなく、未来のイメージがしやすくなるのも大きなメリットです。

「転職お祝い金プレゼント」に惑わされないように!

「わたしNEXT」・「男の退職代行」を紹介しているサイトの中には「転職サポートを使うと転職祝い金〇万円進呈されます」と書いてあるところもありますが、国の方針で原則禁止になったため、進呈はされません

参考資料:https://www.mhlw.go.jp/content/000747063.pdf

退職代行の実績数が多く、職場とトラブルになりにくい!…というメリット

【LINE相談件数】

2024/6/22時点
LINE友だち登録数
わたしNEXT21,830人
男の退職代行15,797人
合計37,627人

LINE相談件数と退職代行実績は比例していて、相談件数から見積もると、退職代行業界の中では2番目に退職代行実績が多い退職代行業者になっています。(1位は退職代行jobs:47,068人)

さまざまな職場の退職代行を行っているので、「退職代行を最短で成功させるコツ」・「退職代行が失敗しないための伝え方」など、退職代行に関する経験値がとても高いことが「退職代行toNEXTユニオン」の特徴です。

ネクストユニオンによる退職代行のメリットの総評

「わたしNEXT」・「男の退職代行」の利用をするなら必ず知っておきたいメリット

  • 夜中に依頼をしても数分以内に返信がある安心感
  • アルバイトの方用の価格設定があり、利用しやすい
  • 支払い方法が多数あり、一番得する支払い方法を選べる
  • 業種、職種をある程度決めてから退職代行が利用できる
  • 退職代行の実績が多いので、安心して任せられる

「わたしNEXT」・「男の退職代行」は、退職代行業者の中でもトップクラスにサービスが充実しています。

その中でも一番のメリットはLINEの返信が早いことです。

返信が早ければ早いほど、連絡する回数も多くなり綿密な打ち合わせができます。

退職代行業者側からしても、得られる情報が多い方が退職代行業務を行ううえで絶対に有利です。

このことから、夜中に依頼を考えている場合は「わたしNEXT」・「男の退職代行」に依頼をした方が、翌朝にスムーズな退職代行を実行してくれます。

また、退職代行の実績も多く、これまでの退職代行業務の経験を活かした連絡を行ってくれるので、経験豊富な退職代行業者に依頼したい方にピッタリの退職代行業者です。

\女性の職場に特化した退職代行/

\男性専門の退職代行/

ネクストユニオンによる退職代行を上手に活用するポイント

ネクストユニオンによる退職代行を上手に活用するポイント

  • 安易な気持ちで無料相談をしない
  • 深夜に依頼を考えているなら優先的に連絡をする
  • 退職に関することを全てメモに書き、全て伝える
  • 職場側に労務関係に強い方がいる場合は使わない方がいい

「わたしNEXT」・「男の退職代行」を上手に活用するためのポイントを以下に解説します。

安易な気持ちで無料相談をしない

「わたしNEXT」・「男の退職代行」との契約成立は、LINEに代行希望日を記入して送信した時点で契約成立となります。

無料相談と書かれていると気軽に連絡をしてしまいがちですが、「わたしNEXT」・「男の退職代行」に連絡する場合は「ここに決めた!」となるまで、連絡しないようにしましょう。

深夜に依頼を考えているなら優先的に連絡をする

「わたしNEXT」・「男の退職代行」のLINE返信のスピードは業界でもトップクラスです。

翌朝(即日)に退職代行を行ってもらいたい場合は、1分でも返信の早い退職代行業者に依頼しなければいけません。

待ち時間が少なく、退職代行実行までスムーズに進むので、ストレスを感じることなく退職が実現します。

退職に関することを全てメモに書き、全て伝える

退職代行を依頼する際には以下のことをメモに書いてください。

退職代行を依頼する前に作成するリスト

  • 退職したい理由
  • 有給休暇の残り日数
  • 依頼したい内容(例:有給消化をしたい、即日退職をしたいなど)
  • 私物をどのように扱って欲しいか
  • 職場から借りている物リスト
  • 職場に伝えなければいけないこと(例:業務の引き継ぎなど)
  • 職場に対しての要望(例:電話をかけてほしくないなど)
  • 退職代行希望日時
  • 会社の情報(会社名・電話番号・担当者など)
  • 疑問や不安に感じていること(例:職場のグループLINEはどうしたらいい?など)

リストを作る理由は、伝え忘れを防ぐためです。

頭で覚えていてもつい忘れてしまうことがあるので、必ずこのリストを作成し、聞かれなくても伝えるようにしましょう。

特に「⑦職場に対しての要望」を伝え忘れて、電話がたくさんかかってきたり、家に来られたりする方もいますので、忘れないようにしてください。

職場側に労務関係に強い方がいる場合は使わない方がいい

会社によっては、労務関係に詳しい担当者や顧問弁護士が在籍している場合があります。

そのような場合、退職代行toNEXTユニオンでは対応ができません。

運営が不透明な労働組合のため、その点を突っ込まれたりする可能性があるからです。

そうなると、トラブルに発展する可能性が高いので、はじめから法適合労働組合か弁護士事務所に依頼をしていた方が安心できます。

ネクストユニオンによる退職代行をおすすめする人

ネクストユニオンによる退職代行をおすすめする人

  • お金がないけれど、とにかく辞めたい方
  • どんな条件でもいいから今すぐ辞めたい方

「わたしNEXT」・「男の退職代行」はLINEの返信が早く、支払い方法が豊富なことが特徴の退職代行業者です。

特に深夜の対応スピードは退職代行業界の中でもトップクラスに早く、夜中の3時に依頼をして翌朝8時に退職代行を実行してもらうことも可能になります。

また、多数の支払い方法に対応しているので、先払い・後払いの選択が可能です。

「退職代行を使って辞めたい、だけど手持ちがない……」
というときでも後払い決済を選択すれば退職代行が利用できるので、我慢してストレスを溜める必要もありません。

ネクストユニオンによる退職代行についての5つのQ&A

ネクストユニオンによる退職代行について、ネット上にある疑問について答えているので参考にしてください。

ネクストユニオンは違法なの?

「退職代行toNEXTユニオン」は労働組合として活動しているため、退職代行を行うことは違法ではありません。

しかし、労働組合としてできることの範囲を超えたこと(未払い賃金の請求など)を行っていた場合は非弁行為にあたり、違法になります。

依頼する際は、「有給取得の交渉・未払い賃金の請求」などの依頼はしないことをおすすめします。

必要な場合は、法適合労働組合や弁護士事務所に依頼してください。

ネクストユニオンの口コミは?

当然のことですが、退職代行を使われた側(職場側)の口コミは最悪です。

  • 態度が高圧的だった
  • 子どもっぽい対応
  • 話し方も筋が通っていない

反対に使った側の口コミは公式サイトを見るといいことばかり書いてありますが、yahoo知恵袋には料金についてのトラブルの相談がちらほらあるので、契約の際には注意してください。

退職代行って使わないほうがいいの?

退職代行を使って辞めることが「クズ」や「恨まれる」と思われがちですが、退職代行を使って辞めるまでになった職場側の対応に問題があります。

職場に問題がなければ退職代行を使わず、本人の口で伝えることがほとんどです。

ですから、退職代行を使うことは悪いことではありません。

ネクストユニオンによる退職代行は結局どこまでできるの?

詳しく調べてみると、退職代行toNEXTユニオンは労働組合ですが、法適合労働組合ではなさそうです。

法適合労働組合以外は、有給休暇の取得交渉などができないため、退職代行toNEXTユニオンができることは以下のようになります。

  • 退職の伝達
  • その他ある程度の交渉(有給、残業代などの交渉は不可)

職場とトラブルになる可能性が少ない場合は利用してもいいのではないでしょうか。

もしトラブルが予想できるのであれば、一番安心できるのは弁護士事務所が行う退職代行になります。

ネクストユニオンで調べると、谷本、水野、イナダと出てくるのはなぜ?

Googleで検索をすると、ネクストユニオンのあとに続くワードに人の名前が出てきます。

退職代行の際に職場に電話をかけた人の名前ですが、退職代行を行っているのがひとりではないことがわかります。

業者によってはひとりで行っている業者もあり、場合によっては依頼者の希望した日時に代行業務が行われないことも……

退職代行toNEXTユニオンは複数の人間が関与し、「依頼者の希望通りの日時に退職代行業務が行われている」ことがわかります。

退職代行業者のなかには詐欺まがいの業者も存在していて、代行料金を払っても退職代行した事実がないという事例もあるのですが、退職代行toNEXTユニオンはきちんと代行業務を行っており、安心して大丈夫という証明ですね。

わたしNEXT・男の退職代行のサービス内容紹介

わたしNEXT・男の退職代行の運営会社の健全性について

正式名称わたしNEXT・男の退職代行
運営会社名toNEXTドットジェイピー(法人番号:不明)
代表者鈴木 良典
所在地〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15(バーチャルオフィス)
顧問弁護士不明
企業サイト不明

わたしNEXT・男の退職代行の詳細

料金正社員、契約、派遣、内定辞退、業務委託、公務員、社会保険加入のバイト
¥29,800(わたしNEXT)
¥26,800(男の退職代行)
社会保険未加入のアルバイト、パート
¥19,800
相談方法LINE、メール、電話(問い合わせ後)
支払方法銀行振込、クレジット、デビットカード、プリペイドカード、ペイパル、コンビニ決済、楽天ペイ、PayPay、キャリア決済、paidy翌月後払い
キャンセル
返金について
退職不可だった場合のみ、全額返金を保証
銀行振込の場合、返金不可
業務委託、請負契約は返金保証対象外
ナイトワークと発覚した場合、返金不可
キャンセル料あり
①実施希望日61日前まで:決済手数料10%および振込み手数料
②実施希望日60日前から46日前まで:30% + 決済手数料10%および振込み手数料
③実施希望日45日前から31日前まで:50% + 決済手数料10%および振込み手数料
④実施希望日30日前から15日前まで:70% + 決済手数料10%および振込み手数料
⑤実施希望日の14日前から当日まで:100%
退職成功率100%
転職支援あり(提携先:株式会社UZUZ、株式会社みらい人事、JHR転職エージェント、株式会社レゾナンス)
特徴男性・女性に特化した退職代行
日本退職代行協会「特級認定」取得
対応スピードの早さをウリにしている
円満退職シナリオを提案(男の退職代行)
有給全消化&給料満額支給サポート(男の退職代行)
公式サイトわたしNEXT:https://taishoku.to-next.jp/w/
男の退職代行:https://otoko-next.jp/
・料金は税込価格

わたしNEXT・男の退職代行の利用方法

STEP

「LINEで相談」・「メールで相談」から相談を開始する。(24時間対応)

STEP
LINE・メールで無料相談をする

〔必ず確認すること〕

  • 料金・支払い方法
  • 即日退職が可能なのか
  • 転職支援は受けられるのか
  • アフターサポートはあるのか
  • 退職までの流れはどのようになるか
  • 職場に置いてある私物は回収できるか
  • 未払い賃金や法律に関する交渉はできるか
  • 退職したあとの書類などの受け取りはどうするか
  • 契約社員・公務員の場合は伝え忘れないようにする
  • 職場から借りている物があれば返却をどのようにするか

上記を確認して納得ができたのであれば、ヒアリングシートを入力して退職代行を依頼する。

利用する際の注意事項

LINEでの無料相談の際に、安易に退職代行の実施希望日を告げてしまうと予約扱いになり、キャンセルしようとしてもキャンセル料が発生してしまいます

利用規約に明記されているので、気軽な気持ちで実施希望日を伝えないようにしてください。

STEP
契約・支払い

利用規約を確認し契約をする。
※支払い方法は『銀行振込、クレジット、デビットカード、プリペイドカード、ペイパル、コンビニ決済、楽天ペイ、PayPay、キャリア決済、paidy翌月後払い』が選択できる。

転職支援を利用する場合、どの時点で支援をお願いすることができるのか確認をしておく。

STEP
退職代行実行後、退職書類などの手続きをする

退職届や貸与物・返却物の対応をおこなう。
基本的には郵送でおこなうので、会社に行ったり、連絡を取り合ったりする必要はなし。
※直筆が必要な場合もあるため、退職代行toNEXTユニオンは、退職に関する書類の作成や提出など、法律事務はおこなってくれないので注意

ネクストユニオン退職代行から電話があり、検索をした結果、当サイトにアクセスされた事業者の方へ

知らない団体から電話がかかってきて、突然、電話口で「○○さんは辞めます」と言われたら、一瞬でも怒りなどの負の感情が芽生えてしまうのは当然ですし、混乱してしまうのも理解できます。

しかし、電話をかけてきた人に対して怒りの矛先を向けるのではなく、真っ先に考えなければいけないことは、「所属従業員がどのような気持ちで退職代行を使うまでに至ったのか?」を考えることです。

職場環境?人間関係?待遇?……などの原因が考えられますよね。

ですから、退職代行を使ってでも辞めたいと思わせた貴社側にも責任があります。

第二、第三の退職代行利用者を増やさないためにも、今回の退職代行をきっかけに社内体制を整えることが大切です。

ネクストユニオンの退職代行を利用予定の方へ|わたしNEXT、男の退職代行の口コミ、評判のまとめ

記事のまとめ

  • ナイトワークには対応していない
  • 正社員とアルバイトで料金体系が違う
  • 有給休暇や未払い賃金の交渉はできない
  • 労働組合として活動しているが不透明な点が多い
  • 関連するサイトが自社サイトを持ち上げるために作られている可能性がある
  • 転職のサポートを受けたい人に向いている
  • 退職代行を依頼するときの返信がとても早い
  • 支払い方法が多彩で、後払いにも対応している
  • 職場とのトラブルになる可能性が少ない人に向いている
  • 対応スピードが早いので少しでも早く辞めたい人に向いている

退職代行toNEXTユニオンは運営としては不透明なところが多々ありますが、退職代行の実績はとても多く人気のある退職代行業者のひとつです。

また、退職代行を使うことはイメージが悪いように感じる方も多くいますが、退職代行を使おうと思わせた会社に責任があることがほとんどです。

問題が起きていることに気付かない(見ぬふりをしていたなど)体制だったことに対して、退職代行を使うことはある意味職場に対して変化のきっかけを与えることにもなるので、決して悪いことではありません。

そして、大切なお金を使ってあなたの人生を委ねるのですから、今回紹介した「わたしNEXT」・「男の退職代行」以外にも数社の退職代行業者と打ち合わせをして、あなたに合った一番の退職代行業者を見つけてくださいね。

女性に特化した
退職代行


わたしNEXT
公式サイト

男性に特化した
退職代行


男の退職代行
公式サイト

【関連記事】

今回紹介した、退職代行toNEXTユニオン以外にも退職代行業者はたくさんあります。

他の退職代行も気になる方は以下のリンクからお進みください。

#わたしnext・#私ネクスト・#退職代行わたしnext・#わたしネクスト・#私next・#男の退職代行

退職代行ネクストユニオンわたしネクスト男の退職代行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアをよろしくお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

運営者情報

退職代行リサーチの神乃家では、退職代行を利用する方が後悔しないように、代行業者の選び方や正しい知識などを発信しています。他サイトで見られるような業者を持ち上げるような書き方はしておらず、利用する方の立場に立って記事を作成することを当サイトのポリシーにしているので、退職代行業者さまにとっては少々厳しめの記述もあることをご了承ください。

目次